女性に増えている「子宮筋腫」ですが、30代以上の女性の20~30%があるといわれています。

最も多いのは30代半ばで、40~50%の人に筋腫が認められているそうです。

妊活している女性にとっては妊娠への影響も気になりますよね?

ここでは、子宮筋腫の原因や症状についてみていきたいと思います。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち

子宮筋腫の原因は?

子宮筋腫とは、子宮にできる「こぶ」のこと。

今現在、子宮筋腫の原因はハッキリとは分かっていません。

ただ、女性ホルモンが関係しているのではないかと言われています。

また、子宮筋腫を持っている家系の人の方が子宮筋腫になりやすいというデータも報告されています。

遺伝の可能性も否定できないので家族に子宮筋腫の人がいる場合は一度検査をすることをおすすめします。

子宮筋腫そのものは、良性の腫瘍です。

ただ、子宮筋腫が原因で生理痛が酷くなったり不妊の原因になることがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

子宮筋腫の症状は?

子宮筋腫になると次の様な症状がみられます。

まずはセルフチェックしてみて、これらに当てはまる人は早めに婦人科を受診しましょう。

子宮筋腫の症状

□ 月経の経血量が増えた
□ 経血がレバー状の塊で出てくる
□ 月経の期間が10日以上続く
□ 月経以外の時期に下腹部に痛みを感じる
□ 月経の時期以外に茶色のおりものや出血がある
□ めまいや立ちくらみなどがある
□ トイレの回数が増えた
□ お腹を触るとしこりのようなものがある

これらの症状が見られる場合は子宮筋腫の可能性があります。

一度病院で診察を受けてみましょう。

スポンサーリンク

子宮筋腫でも妊娠できるの?

子宮筋腫になると、子宮の内側が変形することがあるといわれています。

また、子宮が正常に収縮できなかったり、卵管を筋腫が防いでしまうこともあります。

子宮筋腫になっても妊娠できなくなるわけではありません。

ただ、子宮の収縮の乱れや卵管の詰まりが原因となり、妊娠できない不妊症になるケースもあります。

また、不育症や流産の原因となる事もあるので注意が必要です。

特に粘膜下筋腫は、着床や胎児を育てる子宮内膜へ影響を与える為、不妊症や流産の原因になりやすいといわれています。

スポンサーリンク

子宮筋腫によいとされる漢方

ベビ待ち

薬での治療や手術を行う西洋医学とは別に、漢方を用いた東洋医学を取り入れたいと考えている人もいるかもしれません。

東洋医学では、子宮筋腫の症状である「しこり」の原因は「気(エネルギー)」「血(血分)」「水(すいぶん)」の滞りと考えられています。

特にストレスなどが溜まり気の流れが悪くなると血流が悪くなり「しこり」ができやすくなります。

漢方を用いた方法ではこの気と血の部分にアプローチして体質を改善することを目的とします。

そして子宮筋腫に用いられる漢方が「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」です。

● 桂皮(けいひ)⇒ 血行促進
● 茯苓(ぶくりょう)⇒ むくみやめまい予防
● 牡丹皮(ぼたんぴ)⇒ 子宮収縮の抑制・血行促進
● 桃仁(とうにん)⇒ 血行促進・鎮痛作用

これらの生薬が含まれています。

漢方薬といっても薬なので発疹や発赤、掻痒感、食欲不振などの副作用がでることもあります。

漢方を服用する際には、かかりつけのお医者さんに相談してから取り入れるようにしましょう。

まとめ

子宮筋腫は30代以上の女性の20~30%が持っているといわれています。

身体の変化を少しでも感じたら、早めに婦人科を受診して検査をしてもらいましょう。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち