日本人女性の10人に1人がかかっているといわれている「子宮内膜症」ですが、あなたは大丈夫ですか?

子宮内膜症は不妊の原因にもなります。

チョコレート嚢胞(のうほう)の場合は卵巣がんを引き起こすこともあるので早めにケアしていきたいですよね!

ここでは、そんな子宮内膜症の症状チェックをしてみましょう。

また、不妊との関係や妊娠に与える影響なども見てみましょう。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち

今すぐできる!子宮内膜症の症状チェック

では早速「子宮内膜症の症状チェック」を行ってみましょう。

次の項目で当てはまるものの数を合計してみてください。

□ 月経痛が酷くなった

□ 下腹部痛が起こる時がある

□ エッチの時に痛みがある

□ 排便時に肛門の奥に痛みを感じる

□ 下痢を起こすことが多くなった

□ 貧血や立ちくらみがする

□ 腰痛を感じる

□ 股関節痛がある

□ 吐き気や嘔吐がある時がある

□ 風邪でもないのに発熱する

□ 月経時にレバー状の血液の塊が出る事がある

いかがでしょうか?

これらの症状が月経時以外に起こるようになってきたら要注意!

子宮内膜症が進行している可能性があります。

これらは全て子宮内膜症の症状になるので当てはまる数が多ければ多いほど確立は高くなります。

2項目以上当てはまった人はなるべく早く婦人科を受診することをおすすめします。

子宮内膜症は自覚症状がないことが多く、気づいたら緊急手術が必要なほど大きくなっていたということもあります。

不安な方は、手遅れになる前に早く専門医に診てもらいましょう。

スポンサーリンク

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や子宮内膜様の組織が次の様な子宮以外の場所にできる病気です。

● 卵巣
● 腟
● 外陰部
● 膀胱
● 腹壁
● へそ
● ダクラス窩
● S状結腸
● 直腸
● 仙骨子宮靱帯

子宮以外にできた子宮内膜にも子宮の周期と同じような変化が起こります。

月経期になると子宮以外の場所にできた子宮内膜も剥がれて出血します。

ただ、血液や内膜を体外に出すことができないので体内に溜まることになります。

その結果、チョコレート嚢胞ができたり、周辺の臓器と癒着が起こります。

現在、子宮内膜症は日本人女性のおよそ10%に起こっているといわれています。

妊娠したことのない女性に多いことでも知られている病気です。

原因は未だ不明ですが、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が、卵管を逆走して卵巣や腹部臓器に達して増殖するという説が有力視されています。

参照:日本医師会ホームページ

スポンサーリンク

子宮内膜症と不妊との関係は?

不妊治療を受けている女性の中には子宮内膜症を煩っている方もいらっしゃいます。

子宮内膜症により卵巣に卵巣に嚢腫ができたり、卵管などに癒着が発生することが不妊の原因になっていると考えられています。

スポンサーリンク

妊娠はできるの?

子宮内膜症になると、卵巣に嚢腫ができたり、卵管に癒着が起きたりすることがあり、卵子の動きが制限されてしまうことがあります。

これにより受精が困難になる確率も高くなります。

ただ、子宮内膜症があるからといって必ずしも不妊症になるわけではありません。

子宮内膜症になった人でも妊娠して無事に子供を産んでいる人もたくさんいます。

子宮内膜症の治療法は?

子宮内膜症には主に3つの治療法があるといわれています。

内分泌療法

薬やピルを使って妊娠時と同じようなホルモン環境にする「偽妊娠治療」があります。

また、人工的に閉経と似た状態にする「偽閉経治療」があります。

ただ、偽閉経治療は閉経と同じ状態となるため、副作用として更年期障害が起こることがあります。

薬やピルを中止すると再び月経が始まるので、子宮内膜症が進行する可能性があります。

腹腔鏡手術

おなかの中をモニターで確認しながら行う方法。

おなかに小さな穴を開けて腹腔鏡と手術器具を挿入します。

開腹手術に比べたら傷が小さいですが、全身麻酔をして行うので体に負担はかかります。

術後の癒着は少ないと言われていますが、子宮内膜症が再発する可能性も!

早めに妊娠できるように計画的に治療を進めていくとよいでしょう。

開腹手術

おなかを切開して行う方法です。

過去に開腹手術を受けたことがある人や、子宮内膜の癒着が強いと考えられるケースには開腹手術をすすめられることがあります。

参照:スキンケア大学

まとめ

子宮内膜症は自覚症状を感じにくい病気だといわれています。

不妊だけでなく、卵巣がんの原因にもなるので異変を感じた人は早めに婦人科を受診しましょう。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク