妊娠中から産後まで色々と悩み深い妊娠線ですが、市販のニベアでケアできるのかどうか気になりますよね?

ニベアは値段のお手頃なので妊娠線を消すことができたら嬉しいなと思っている方も多いと思います。

今回は実際に妊娠線予防クリームとしてニベアを使った方の感想を見ていきたいと思います。

「ママになっても綺麗なカラダでいたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク

妊娠線予防にニベアはOK?ニベアで妊娠線は消える?

では早速、妊娠線予防やできてしまった妊娠線にニベアを使った方の感想を見ていきましょう。

【妊娠線予防】

・妊娠5か月頃からお風呂上りと朝起きた時にニベアを塗り腹巻をしたけど、妊娠線は少しできてしまいました。

・妊娠4か月で妊娠線を予防するために購入しました。効果は分かりませんが、今のところ妊娠線はできていません。

・妊娠線の予防ケアに買いましたが、青缶ニベアは伸びが悪く、ギューッと塗っているのが原因で妊娠線ができてしまわないかちょっと心配。。

【妊娠線ケア】

・確かに保湿でしっとりはするけど、妊娠線はなかなか消えない

・塗った瞬間は肌に透明感が出て消えたように見えるけど、時間が経つと消えてないのに気づく

・ニベアで妊娠線ケアを初めて2か月が経ちますが変化が分からない

ニベアは気軽に買える値段で手軽に使えて、保湿力もあるので使いやすいといえば使いやすいですよね?

ただ、本気で妊娠線予防や対策をしようと思ったら、成分の内容が足らないかもしれません。

妊娠線ができる原因は、皮膚がお腹の大きさの変化に耐えられず断裂してしまうことで起こるので、保湿ケアと同時に栄養を与えて弾力を強化することが大切になります。

妊娠線が消えると人気の妊娠線専用クリームはこの点を考慮して開発されているので、ニベアよりも効果の面では期待できるかもしれません。

ベビ待ち

ちなみに、妊娠線ケアにはクリームとオイルがありますが、個人的にはクリームの方がおすすめです。

というのも、子育てをしていると忙しく、どんなに「サラッとしている」というオイルを使っても下着や洋服にシミついてしまうからです。。

「できたら、パパッとケアして他のことをしたい」

そんな方にはクリームの方が使いやすいかもしれません。

また、特に太股やお尻などの肉割れについては、オイルの場合、自分の見えないところで垂れてしまい、あちこちについていた!ということも。

この場合も下着などについてしまいますし、垂れた分がもったいないので、やはりクリームの方が良いかもしれません^^

「ママになっても綺麗なカラダでいたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク

まとめ

ここまで、ニベアの妊娠線予防とケアについて見てきましたが、やはりしっかりケアしたいなら専用のものを使った方が良いでしょう。

確かにニベアなどの市販の一般クリームに比べたら値段は上がりますが、それは成分や使い心地にこだわっているためだといえます。

妊娠線は放っておけば置くほどケアが難しくなるので、早く効果的に消すためにも専用のアイテムを使っていくことが大事なのかもしれません。

スポンサーリンク