ベビ待ち

糖尿病の薬として使われることの多い「メトグルコ」ですが、不妊ブログでも多く名前を見かけるようになりましたよね?

ここでは、そんな「メトグルコの不妊に対する効果と副作用」についてみていきたいと思います。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク

メトグルコと不妊

ベビ待ち

不妊の原因として多嚢胞性卵巣症候群がありますが、診断された人の中に糖尿病を持った人が多いことが研究により分かったそうです。

そして、この糖尿病を持った人にメトグルコを投与すると、排卵障害が改善され排卵が起こるようになったとの報告が多くあります。

最近の研究で、多嚢胞性卵巣症候群と糖の代謝が深く関係していることが明らかになりました。

多嚢胞性卵巣症候群になる原因として内分泌の異常がありますが、非インスリン依存性の糖尿がある場合はメトグルコが有効だというのです。

これは、メトグルコがインスリンの分泌を抑えてくれるので、卵巣が正常に機能するようになり、排卵が起こると考えられるためです。

また、多嚢胞性卵巣症候群で糖尿を持ち人の約半数は「肥満である」という興味深い調査結果もあります。

多嚢胞性卵巣症候群でメトグルコを使う人にはBMIを測定して、25以上の場合は食事指導や生活習慣の改善など肥満を解消するための指導も行われます。

体重を減量すると排卵があったというケースもあり、体重を減らすことも多嚢胞性卵巣症候群ケアになりえますね^^

スポンサーリンク

陽性反応が出たのに間違ってメトグルコを飲んでしまったら

メトグルコは妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には安全性が確立していない為投与しない事になっています。

その為、陽性反応が出たのに間違って飲んでしまった場合には、早めにかかりつけの医師に相談しましょう。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち

関連記事:排卵率・妊娠率が改善!メトホルミンの不妊に対する効果と副作用

スポンサーリンク