ブログなどでを見ても不妊で悩んでいる方は自分だけじゃなく本当に多いですよね。

一体、不妊の原因は何なのでしょうか?

今回は不妊の原因や不妊治療などについてみていきたいと思います。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク

不妊の原因は?

一般社団法人 日本生殖学会によると不妊の原因は男女別に次のようなものがあるそうです。

女性の不妊の原因

□ 排卵因子(排卵障害)
□ 卵管因子(閉塞、狭窄、癒着)
□ 子宮因子(子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、先天奇形)
□ 頸管因子(子宮頸管炎、子宮頸管からの粘液分泌異常など)
□ 免疫因子(抗精子抗体など)

この内、排卵因子、卵管因子と男性不因子は不妊症の3大原因といわれています。

男性の不妊の原因

□ 性機能障害
□ 精子の数や運動率の低下

精子の数や運動率の低下については、軽度・中等度のものと、高度および無精子症に分けられるようです。

スポンサーリンク

【定義】不妊とは?意味は?

不妊とは何らかの治療をしないと、自然に妊娠する可能性がほとんどない状態をいいます。

日本産科婦人科学会では、「その期間については1年から3年までの諸説あり、2年というのが一般的でしたが、1年に短縮」としています(平成27年8月29日日本産科婦人科学会理事会決定)。

ただ、世界保健機構(World Health Organization: WHO)では2009年から不妊症を「1年間の不妊期間を持つもの」と定義しており、さらに妊娠を考える夫婦の年齢がより高い米国の生殖医学会でも2013年に、「不妊症と定義できるのは1年間の不妊期間を持つものであるが、女性の年齢が35歳以上の場合には6ヶ月の不妊期間が経過したあとは検査を開始することは認められる」としています。

日本でも1年以上認しない場合には不妊症と考え、20代、30代と年齢が高くなればなるほど早く検査と治療を始めた方が良いという考えが一般化しています。

参照:一般社団法人 日本生殖学会

不妊治療はいつから?

ベビ待ち

頑張ってもなかなか妊娠しない。。

でも、いつから不妊治療を始めればいいのか分からない。。

こんな方も多いのではないでしょうか?

上記で見てきた通り、20代、30代と年齢が高くなるほど、卵子の質や数は落ちていきます。

それに加え、不妊症の原因となる子宮内膜症、子宮筋腫、極端な月経不順などがある場合はより妊娠しにくくなります。

こういった場合は、1年といわず6か月タイミング方を行っても妊娠しない場合は産婦人科を受診した方が良いでしょう。

まとめ

年齢的なことや婦人科系の病気など、女性側だけでも不妊の確率が下がる要因はいくつもあります。

女性の場合、30代から妊娠力が落ち、35歳からはガクンと下がってしまいます。

少しでも妊娠力と体力のあるうちに治療や検査をしたいという人は早めに病院を受診しましょう。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク