ベビ待ち

不妊治療の検査で子宮内膜ポリープが見つかった

卵管造影検査をした時にポリープらしきものが見つかった

こんな人も多いのではないでしょうか?

ここでは、不妊の原因にもなるといわれている「子宮内にできるポリープの種類」についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

ポリープの種類

ベビ待ち

子宮にできるポリープは「子宮内膜ポリープ」と「子宮頚管ポリープ」の2つがあります。

それぞれの原因についてみていきましょう。

子宮内膜ポリープ

ベビ待ち

子宮内膜ポリープとは?

子宮内膜から出た、きのこ状のイボです。

不正出血や重い生理痛、貧血を伴うこともありますが、症状が出ない人も多いようです。

原因ははっきりしていませんが、炎症・分娩・流産・女性ホルモンなどが影響しているのではないかと言われています。

良性の腫瘍であることが多く、大きさは数ミリ~数センチのものまで様々です。

1個から多数個見つかることもあるそうです。

超音波検査やMRIで子宮内膜ポリープが疑われた場合は、子宮鏡(ファイバースコープ)で詳しく検査することになります。

※子宮内膜が増える前の「生理直後」に行われます

子宮内膜ポリープは不妊の原因になるの?

ベビ待ち

受精しても、子宮内膜に着床しないと妊娠できません。

受精卵が子宮内膜にたどり着いたときに、子宮内膜ポリープが邪魔をして着床できないこともあります。

小さな子宮内膜ポリープは不妊検査でも発見されないこともあり、原因不明不妊の理由として見落とされることも多いようです。

スポンサーリンク

まとめ

子宮内膜ポリープは着床の邪魔をしますし、不妊の原因となることがあるので、早めに検査を行いましょう。

▼関連記事:絶対妊娠する方法は?赤ちゃんが欲しい人の妊娠しやすい体の作り方

▼関連記事:【不妊治療中の人におすすめ!】よもぎ蒸しの効果・時期・頻度

▼関連記事:【卵子老化を予防】卵子の数・質を増やすミトコンドリア活性法

スポンサーリンク