ベビ待ち

生理はきたけど吐き気がする

いつもの生理痛とは違う痛みがある

もしかして妊娠したのかな?

こんな経験をした人も多いと思います。

ここでは、「生理時の吐き気・生理痛と妊娠の可能性」についてみていきたいと思います。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク

吐き気・生理痛と妊娠の可能性

吐き気

生理前や生理中の吐き気と同じしくみで、生理後も吐き気が起こることがあります。

生理前や生理中は「プロスタグランジン」というホルモンが胃や腸に負担をかけるためだといわれています。

プロスタグランジンは、子宮収縮を促す作用があり、生理前から生理中にかけて分泌量を増やし、経血が排出されるのを早めてくれる働きがあります。

ただ、子宮伸縮を促すと同時に胃腸を収縮させるので、吐き気やむかつきを引き起こします。

通常は、生理が終わると経血の排出を促す必要がなくなるのでプロスタグランジンは減っていきます。

しかし、ホルモンバランスが乱れたり体調が悪かったりしてプロスタグランジンが過剰に分泌されると、生理後までその影響が残ってしまうことがあり、生理後も吐き気や気持ち悪さが続いてしまいます。

ベビ待ち

本当に生理がきた後であれば、妊娠に必要な子宮内膜が流れてしまっているので、妊娠している可能性は考えにくいです。

でも、生理だと思っていた血が排卵出血や着床出血といった不正出血だった場合は、生理が来ていないということになるので妊娠している可能性が出てきます。

そのため、生理後に吐き気を感じたときは、生理中の経血の量や色を思い出してみましょう。

不正出血は、通常の生理に比べて経血量が少なく色も薄いことが多いといわれています。

経血量が少なく色も薄かった場合は妊娠の可能性もあるので、生理予定日から1週間過ぎた頃に一度妊娠検査薬でチェックしてみましょう。

また、生理後の吐き気には、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が潜んでいる場合もあります。

吐き気が2~3週間続いたり、症状が酷い人は婦人科を受診してみましょう。

スポンサーリンク

生理痛

生理前や生理中は「プロスタグランジン」というホルモンが増えて腹痛を引き起こすことがあります。

特に生理前はこのホルモンの分泌が増え、子宮収縮が激しくなり、下腹部痛も強くなります。

一方、妊娠超初期の腹痛は、人によって症状は様々ですが、主に次のような症状が多くみられるといわれています。

● 子宮辺りにチクチクというような痛みや鈍痛がある

● 下腹部にキューッと引っ張られるような痛みがある

● 子宮の辺りにムズムズとした違和感がある

● 恥骨あたりがズキズキと痛い

症状を感じる期間にも個人差があり、1日中痛みを感じる人もいれば、痛みが出てきたり引っ込んだりする人もいます。

ただ、生理前の腹痛も妊娠超初期の腹痛も似ているので、自分で判断するのはなかなか難しいと思います。

生理痛でも妊娠でもなく、その他の病気が隠れている可能性もありますので、不安な方は婦人科でみてくれる事をおすすめします。

まとめ

生理時の吐き気や生理痛も、自分だけでは生理やホルモンによる一時的なものなのか、妊娠によるものなのかの見極めが難しいですよね?

病気の兆候という可能性もありますし、自己判断せず専門医にみてもらうのが一番でしょう。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク