ベビ待ち

「卵子は、日々老化している」

初めて聞いた時にショックを受けた人も多いのではないでしょうか?

特に30歳以降となれば、老化がどんなものであるか身をもって感じているのでかなり焦りますよね?

卵子の老化は不妊と密接な関係にあって、卵子の数と質によって妊娠できるかどうかが決まるといっても過言ではないでしょう。

しかしここ数年、卵子の老化を防ぐ方法として「ミトコンドリア」が注目されるようになりました。

ここでは、そんなミトコンドリアについてみていきましょう。

スポンサーリンク

ミトコンドリアとは?

ベビ待ち

ミトコンドリアとは、ほとんど全ての生物(動植物や菌類など)の細胞に広く含まれている細胞内構造物の一つです。

ミトコンドリアには様々な役割がありますが、一番重要なのが「エネルギーを作り出す働き」です。

全ての細胞の動きは、ミトコンドリアの量や質によって決まるといわれています。

しかし、年を重ねることによってミトコンドリアの量が減っていき、それが身体の老化や卵子の老化につながるといわれています。

ミトコンドリアと不妊症の関係

ベビ待ち

ミトコンドリアの数が少なくなったり質が悪くなってしまうと、作られるエネルギーが少なくなります。

そして、その貴重なエネルギーは、呼吸や体温調節など生きる上で重要になる部分に優先的に使われます。

その為、ミトコンドリアが少ないと、遺伝子の修復作業や若さを保つ為の機能などにエネルギーが行き渡らず、身体の不調を招いてしまいます。

※ミトコンドリアの低下が原因で生じる病気は総称して「ミトコンドリア病」と呼ばれます

また、卵子の中にもミトコンドリアがあり、ここでも卵子にエネルギーを生産・供給しています。

ただ、身体の他の部分と同じように、加齢によってミトコンドリアが弱ってしまうと、卵子へのエネルギー生産や傷ついた卵母細胞の修復がうまくできません。

そして、その結果、卵子の老化が進んでしまいます。

ベビ待ち

卵が老化すると、卵子の質も低下してしまい染色体異常を招きやすくなります。

受精卵が育たない、育っても着床できないなど、流産になるケースも高くなり、妊娠が難しくなってしまいます。

卵子は生まれる前に卵巣内で作られて、閉経に向かって数がどんどん減っていきます。

約700万個あった卵子は、出生時には200万個にまで減り、生理が始まる12歳頃には30万個にまで減ってしまうそうです。

しかも、この中の全ての卵子が排卵するわけではなく、排卵できるのはたったの1%(400~500個)だといわれています。

毎年、12回の排卵があって、年をとっていけば排卵できる卵子の数は100個にも満たなくなっていきます。

こう考えると、卵子の数を増やし卵子の質を上げて妊娠力を高めることが如何に大事か分かりますよね?

そして、その卵子の健康を支えるのが「ミトコンドリア」になります。

スポンサーリンク

ミトコンドリアと男性不妊

ミトコンドリアの質と数の低下は女性の不妊だけでなく、男性不妊にも影響を与えているようです。

近年、不妊の男性の精子からミトコンドリアゲノムの突然変異が検出されたという症例も報告されています。

科学技術振興機構と筑波大学の研究で、ミトコンドリアゲノムの突然変異によってエネルギーが減少し、精子の細胞分裂の停止が誘発され、精子の数が減少してしまうという事が明らかになりました。

この研究により、ミトコンドリアの異常が男性不妊の直接的な原因の1つになるということが証明されました。

このことから、子供が欲しい男性にとってもミトコンドリアの質と数を維持することは非常に大事になるといえます。

不妊の為の「ミトコンドリア」ケアとは?

ベビ待ち

体外受精は子宮内から採取した卵子を体外で受精させ、その受精卵を培養した後に再び子宮に戻す方法ですが、年齢が高いほど成功率が下がる傾向があり、卵子の老化が原因の1つだとされています。

ミトコンドリア活性化法では老化した卵子を活性化するため、体外受精の成功率が高まることが期待されています。

また、ミトコンドリア活性法はミトコンドリア病という異常なミトコンドリア遺伝子を持つミトコンドリアの割合が増えることにより発症する病気の遺伝予防にも応用できるのではないかと考えられています。

この技術で妊娠・出産する割合が実際に高まるかどうかが今後、検証されることになりそうです。

不妊におすすめのミトコンドリアサプリメント

ベビ待ち

ここまで、ミトコンドリアを増やすことで、らんしの老化を予防できることをみてきましたが、一体どうやってミトコンドリアを増やしていけば良いのでしょうか?

ミトコンドリアは食事の管理や適度な運動など、日々を健康的に過ごすことで活性化されるといわれています。

もちろん、生活習慣を整えることは大切ですが、生活習慣の改善だけではミトコンドリアを活性化するのに非常に時間がかかってしまいます。

できるだけ早く子供が欲しい人にとっては、少しでも早く体質を改善して妊娠力を上げたいですよね?

そんな場合は、生活習慣の改善を図ると共に、ミトコンドリアを増やすのに有効なサプリも取り入れていきましょう。

ベビ待ち

ミトコンドリアを効率よく摂りいれるサプリとしては、不妊ブログなどでも多く取り上げられている【ミトコア300mg】がおすすめです。

ミトコア300mgに配合されているイオン化ミネラル成分「イースタティックミネラル」が、ミトコンドリアの機能を改善&回復し、卵子や精子を健康な状態に導いてくれます。

山芋から抽出した成分で、ホルモンバランスの調整や改善に使われる医薬成分DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)によく似た分子構造を持つ「ジオスゲニン配糖体」が、男性と女性のカラダの巡りを良くしてくれます。

また、ジオスゲニン配糖体の働きにより、巡り改善の相乗効果が期待でき、精子や卵子の健康をダブルでサポートしてくれます。

さらに、大豆食品から抽出された「アグリコン型イソフラボン」もイースタティックミネラルとの相乗効果が期待でき、精子と卵子の質をグンと高めてくれます。

ベビ待ち

飲み方は簡単で、1日に3~9粒を飲むだけ。

食品成分なので薬を飲んでいても安心して飲めますし、夫婦で飲むことができるので一緒に妊娠しやすい体作りに励むことができます。

原因のわからない不妊症の多くは、卵子・精子の老化によるものと考えられているので、問題が見つからないけどなかなか妊娠できないという人にもおすすめですよ。

(こんな人におすすめです)

● 精子や卵子の数や質を改善したい人

● 原因が分からないけど妊娠できない人

● 30歳以上で子供を欲しいと思っている人

>>【ミトコア300mg】


まとめ

ミトコンドリアの数や質は、健康だけでなく、妊娠力にも大いに影響するということが分かりました。

なくなってしまった卵子は二度と戻ってきません。

だからこそ、今ある残りの卵子を大切にしていく必要があります。

生活習慣を改善しながら、サプリなども活用して着床しやすい体作りに励んでいきましょう。

スポンサーリンク