ベビ待ち

更年期障害といったら、40代・50代の女性の問題イメージがありますよね?

でも、最近は若い人の間でも「プレ更年期」が流行っているそうです。

プレ更年期になると本当の更年期を迎えた時に症状が悪化するといわれているので気をつけたいところ。

ここでは、そんなプレ更年期を含めた「更年期障害の症状と対策」についてみていきたいと思います。

30代の人も要注意ですよ!

スポンサーリンク

更年期障害とは?

ベビ待ち

女性ホルモンの1つ「エストロゲン」は、8・9歳頃から卵巣で分泌され、その分泌量は30代半ばにピークを迎えます。

以降、卵巣機能が低下するに従って、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します。

この突然の変化に体がついていけずに起こるのが「更年期障害」と呼ばれる不調です。

閉経をはさんだ10年くらいに起こることが多く、40代後半~50代前半の時期に多くみられます。

スポンサーリンク

プレ更年期とは?

ベビ待ち

40代・50代にみられる更年期障害ですが、最近では30代後半~40代半ばの女性も更年期障害に似た症状に悩まされるケースが増えています。

30代から40代半ばの女性でも、生理不順になったり、月経が無くなって、女性ホルモンの分泌が乱れている人が多くなり、「プレ更年期(若年性更年期障害)」にかかる人が多いようです。

これは、ストレスや無理なダイエット、食生活を含めた不規則な生活、卵巣機能の低下が原因だと考えられています。

プレ更年期に悩まされた人は、更年期を迎えた時の症状が酷くなることがあります。

なので、日々のストレス解消や規則正しい生活を心がけ、プレ更年期からしっかりと対策を取ることが大切です。

更年期になる年齢は?

ベビ待ち

更年期といっても、30代・40代・50代とさまざまな年齢の人がいることが分りました。

小林製薬が行ったアンケートによると、年代別で次の様な結果が出たそうです。

● 35歳以下:2%

● 40~45歳:38%

● 46~49歳:30%

● 50~54歳:25%

40~45歳が一番多いですよね?

この時期は、子供の独立や親の介護、職場での立場や人間関係の変化など、生活が変わる時期と重なるため心身のバランスが崩れやすいのかもしれません。

また、自覚症状の有無については次の様な結果になったそうです。

ベビ待ち

これをみると、40代ではほとんどの女性が更年期の自覚症状がないと答えています。

また、50代については2人に1人が、更年期を感じていることになりますね。

出典:http://www.kobayashi.co.jp

更年期障害の症状は?

ベビ待ち

更年期障害を感じるかどうかは個人差があります。

不調をほとんど感じない人もいれば、日常生活に支障が出るような重い症状に悩む人もいます。

また、どんな症状を感じるか、その数や種類も人によって異なりますし、同じ症状でも日によって出方やつらさが違うことも。

ここでは、更年期に現れやすいといわれている一般的な症状をみていきたいと思います。

● だるい

● 疲れやすい

● 生理不順(男性は機能不全(ED))

● 不正出血

● のぼせ

● ほてり

● 異常な発汗・ホットフラッシュ

● 手足の冷え

● 腰痛

● 肩こり

● 膀胱炎・尿失禁

● 目やのど粘膜の異常

● たちくらみ

● 耳鳴り

● 動悸

● 息切れ

● 血圧が上下する

● 脈が速くなる

● 手足のしびれ

● 関節の痛み

● からだのかゆみ

● 肌や目、口の乾燥

● 頭痛

● 興奮

● めまい

● イライラ

● うつ病

● 不安感

● 不眠

● 無力感

これらの症状が多く、頻度が高ければ高いほど更年期が重症だといわれています。

これ以上、症状を悪化させないためにも早めにケアしていきたいですね!

これだけはやっておきたい!更年期障害の3つの対策

ここでは、更年期の対策としてやっておきたい3つの対策をご紹介します。

友達と話す

ベビ待ち

小林製薬が行ったアンケートによると、半数以上の人が更年期について友達と話すと答えたそうです。

友達と話すことで、不安が解消されたり、つらさを乗り越えるヒントが見えてくるのかもしれませんね。

無理をしない

ベビ待ち

ストレスは更年期障害の症状を悪化させるといわれています。

ストレスが溜まると、心身が不安定になり、うつになりやすくなります。

適度な運動をしてストレスを発散したり、無理と感じた時はしっかり休むようにしましょう。

ラベンダー、ペパーミント、ローズマリー、ゼラニウム、マジョラムなどのアロマを活用するのもおすすめです。

これらの香りは、緊張をほぐすのに役立ちます。

更年期に効果が期待できるサプリを摂り入れる

ベビ待ち

更年期障害は「女性ホルモン(エストロゲン)の減少」という体の変化によって引き起こされます。

逆にいえば、女性ホルモンを整えることで予防したり症状を改善することができますよね?

小林製薬が行ったアンケートでも、更年期を感じた女性が行う対処法として一番に上がったのがサプリメントや健康食品の摂取でした。

これらなら気軽に取り入れられますし、美容面でもサポートしてくれます。

女性として自信を失い始めた時の強力なサポートになってくれますよ☆



まとめ

女性なら誰でも迎える更年期ですが、しっかり準備することで症状を予防・改善することができます。

毎日を元気で気持ちよく過ごすためにも、サプリなど、活用できるものはどんどん摂り入れていきましょう。

健康だけでなく、美容面も維持できると、女性としての自信も出てきますし、おしゃれやメイクも楽しくなりますよ☆

▼関連記事:【あなたの更年期の確率は?】女性更年期障害と更年期サプリの必要性

▼関連記事:【更年期障害の無料チェック】汗・頭痛・めまい・イライラは要注意

スポンサーリンク