ベビ待ち

メラトニン摂取で体外受精における受精率や妊娠率が上がる

最近、メラトニンの濃度が卵の質に影響を与えるということがあちらこちらで言われていますが本当なのでしょうか?

ここでは「メラトニンの効果・副作用・サプリ・サプリ飲み方」についてみていきましょう。

スポンサーリンク

メラトニンとは?

ベビ待ち

メラトニンとは、脳の松果体から分泌されるホルモンです。

夜に高くなり、生活リズムや睡眠と関連していて、リラックスさせる作用もあります。

わたしたち人間は、太陽が登って明るくなると活動的になり、日が沈んで暗くなると眠くなります。

この様に、私たちの生活は太陽の光によってコントロールされているのですが、そこには「睡眠ホルモン」と呼ばれる「メラトニン」が関わっています。

目から暗くなったことを察知すると、脳の中からメラトニンが分泌されて身体に「眠りなさい」という信号が送られます。

そして、朝になって明るくなるとその分泌が止まります。

このように、夜になると眠くなり明るくなると目覚めるようになっているのですが、これは「メラトニン」というホルモンがそうさせているのです。

そして最近、この「メラトニン」を操作することにより、不妊を改善できるのではないかという研究が活発になされています。

スポンサーリンク

メラトニンの不妊に対する効果は?

2016y05m03d_182646706

メラトニンは睡眠を左右するだけではなく、細胞を傷つけて老化を促進する「活性酸素」を抑制する抗酸化作用を持つことでも知られています。

山口大学医学部産婦人科の杉野教授らが行った研究では、メラトニンを摂取することにより、体外受精における受精率・妊娠率が上昇するという事が分かったそうです。

杉野教授らの実験では、体外受精が不成功に終わり受精率が50%未満であった115名の女性を2つのグループに分けました。

1つ目のグループ(56名)には、月経5日目から採卵日の前日までメラトニンを1日3mg摂取してもらい、もう1つのグループ(59名)にはメラトニンを摂取してもらうことなく過ごしてもらいました。

そして、前回の体外受精と比べて、変性卵率や受精率・妊娠率を比較しました。

ベビ待ち

その結果、メラトニンを摂取したグループは、前回の体外受精周期と比べて受精率が上昇して19.6%の妊娠率になりました。

それに対して、メラトニンを摂取しなかったグループは、受精率の改善は見られず妊娠率が10.2%に留まりました。

この結果から、杉野教授らのグループでは、これまでの研究を通して以下のことを確認しているそうです。

● 排卵する時に、酸化ストレスが生ずると卵の成熟が妨げられる

● メラトニンが卵胞内で抗酸化物質として働いて卵を保護している

● メラトニンの摂取により、卵の質の改善や受精率・妊娠率の向上が期待できる

メラトニンの抗酸化作用は卵を守っていると考えられていて、メラトニンを摂取することで、受精率や妊娠率が改善されるということを確認したというのです。

また、2013年の生殖医学会でも、メラトニンの投与で採卵率・成熟卵・受精率の上昇が認められて、妊娠率が2倍になったとの報告がされたそうです。

妊娠率が2倍になるとは、不妊の効果も大いに期待できそうですね!

メラトニンに副作用ってあるの?

メラトニンがホルモンに関係するものであるとなると、副作用が気になりますよね?

しかし、調べた限りにおいては特に問題になる副作用はないようですし、睡眠薬のような依存性もないようです。

但し、翌朝にふらつきや頭痛が残る場合には服用量を調節した方が良いでしょう。

また、ひどいアレルギー症状や自己免疫疾患の人、リンパ腫や白血病等免疫系にガン症状のある方は、症状を悪化させる恐れがある為、使用を避けるようにとサプリに記載されていることもあります。

オランダで、1日75mgのメラトニンを1,400人の女性に4年間投与したところ、健康を害するような結果はみられなかったといいます。

また、FDA(アメリカ食品医薬品局:日本の厚労省のような薬品管理局)によると、メラトニンが米国内で一般に発売されて2年以上経った段階で、懸念すべき副作用は1件も報告されていないと発表をしたそうです。

不妊に良いメラトニン・サプリは?

ベビ待ち

不妊の改善が期待できるメラトニンを選ぶときのポイントは「安全性」です。

不妊に良くても身体に負担になったり、不調になっては意味がありませんよね?

そんな安全性の面からおすすめなのが天然メラトニンサプリ「リラクミン」。

不妊ブログなどでも多く取り上げられているメラトニン・サプリメントなので、聞いたことがある人もいるかもしれませんね^^

タルトチェリーに含まれる天然のメラトニンを配合しているので安心して口にできます。

また、健康維持に必要なビタミンB1,ビタミンB6・ギャバ・クワンソウなどがバランス良く含まれていて、心地良い眠りとスッキリした朝を迎えることができます。

各栄養素の含有量だけでなく吸収力も高く、楽天ランキングで1位なのも納得ですね☆

(こんな人におすすめ)

● 生活が不規則な人

● 寝る時間が遅い人

● 寝つきが悪いという人

● 眠りが浅いという人

>>天然メラトニンサプリ【リラクミン】



メラトニンサプリの飲み方は?(飲む量とタイミング)

飲む量については、日本人の場合、1日1~3mgが適当なようです。

飲んだ後の効果については個人差があり、翌日にふらつきや頭痛がある場合には量を減らすと良いでしょう。

また、飲むタイミングについては、寝る前の30分~1時間前(または午後10時頃)に服用するのがベストだといわれています。

メラトニンと同じように不妊に効果的なdhea

メラトニンと同様に不妊の効果が期待できるといわれているのが「dhea」サプリです。

DHEAは最も多いといわれているホルモンで、男性ホルモンや女性ホルモンの大元となるホルモンです。

年齢と共に低下しますが、サプリなどで補充することで卵巣機能の向上が期待できます。

不妊治療をしている人の中には、メラトニンとdheaを一緒に飲んでいる人も多いですよね。

ただ、併用する場合は、かかりつけの主治医に相談してから服用することをおすすめします。

山芋習慣

まとめ

メラトニンには「活性酸素」を抑制する力があり、細胞の老化を防止する働きがあります。

これにより、卵子や精子の質が良くなり、受精率や妊娠率が上がるといわれています。

寝る時間が遅い人や睡眠の質を改善したい人は、メラトニンを積極的に取り入れていきましょう。

スポンサーリンク