ベビ待ち

不妊治療の1つとして知られている漢方薬ですが、特に有名なのが「ツムラ漢方」です。

ここでは、ツムラ漢方の不妊治療効果・保険の適用・副作用・他の薬やサプリとの飲み合わせについてみていきたいと思います。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク

ツムラ漢方の不妊治療効果は?

ベビ待ち

当帰芍薬散(23)

婦人科3大漢方薬の1つといわれています。

「婦人科系トラブルといえば当帰芍薬散」というくらい一般的になっていて、婦人科でもよく使われています。

主な効果は血行促進とホルモンバランスの調整で、血行を良くすること基礎体温を上げ、子宮を温めて着床しやすい環境を作ってくれます。

また、ホルモンバランスも整えてくれるので、排卵がスムーズになり、妊娠しやすい体になります。

スポンサーリンク

加味逍遙散料(24)

婦人科3大漢方薬の1つといわれ、月経・更年期・出産など、女性ホルモンの変動による精神不安などの症状に効果を発揮します。

血液の不足を補うことで精神の高ぶりを抑え、ホルモンバランスの乱れによるイライラを落ち着けてくれます。

また、冷え性改善効果もあり、血流をスムーズにして子宮を温め着床しやすい体に変えてくれます。

不眠に対する効能も期待でき、睡眠の質と量を上げることで健康な体に導いてくれます。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(38)

血行を改善して体を中から温めて、冷えを解消する効果があります。

血流が良くなるので臓器に酸素・栄養素・ホルモン・免疫物質が効率よく運ばれ、子宮や卵巣の働きが活発になります。

また、体に害を与える二酸化炭素や老廃物が出やすくなるので、妊娠を阻害する要因を排除できます。

血流の改善で卵胞の発育が良くなり、排卵もスムーズに行われるようになります。

ツムラ温経湯(106)

名前の通り血行を良くして体を内側から温めてくれる効能があります。

妊活の敵となる冷え症を改善し、基礎体温を上げ、着床(妊娠)しやすい体に整えてくれます。

ホルモンバランスを整える働きもあるので、月経の不順や月経困難症などの改善が期待でき、妊娠のタイミングをはかりやすくなります。

性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の分泌を上昇させる働きもあり、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロラクチン)の産生が促進され、排卵のリズムが整いやすくなります。

どこでもらえるの?保険は適用されるの?

ツムラの漢方は漢方処方に積極的な内科や一部の不妊専門クリニックでもらえます。

ウェブサイトで「住んでいる地域、内科、漢方」などのキーワードを入力して検索すると近くで漢方を扱っている病院やクリニックが出てくると思うので探してみてくださいね^^

病院やクリニックなら【保険適用】となり、2,000~3,000円で漢方を出してもらえます。

また、自分にピッタリの漢方が欲しい人は漢方薬局を利用するのも良いでしょう。

漢方薬局は、問診から体質を細かく判断してくれ、1人1人の体質に合った漢方を作ってくれます。

ただ、漢方薬局の場合は保険が適用されないので、継続して飲むことになると月10,000円~の費用がかかります。

● 病院・クリニック

 (メリット):漢方薬局と比べると2,000~3,000円と安い

 (デメリット):一般的な漢方だけが処方される

● 漢方薬局

 (メリット):自分の体質に合った漢方をもらえる

 (デメリット):月10,000円~と病院に比べて高い

どちらもメリットとデメリットがあるので、ご自身に合った方法で漢方を処方してもらうと良いでしょう。

ツムラ漢方の副作用は?

漢方は生薬を調合して作られていますが、体質によって合う・合わないがあります。

その為、人によっては下痢、頭痛、ホテリ、疲労感、眠気、嘔吐、腹痛などの副作用が出る場合があります。

副作用が不安な人は、最初は7日分など短期間分を処方してもらい、飲み続けて問題がないようなら30日分など長期間分をもらうようにしましょう。

他の薬やサプリとの飲み合わせについて

他の薬やサプリを飲んでいるけど漢方も取り入れたいという人もいると思います。

この場合は成分の量に気をつけなくてはいけません。

漢方と薬・サプリの成分がかぶってしまっている場合、1日の服用量を超えると副作用が出てしまうものもあります。

また、飲み合わせによっては効果が発揮できなくなってしまったり、副作用が出てしまうことがあります。

この様に、薬やサプリと一緒に漢方を取り入れる場合は医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。

すでに併用していて問題がない人でも、安全面を考慮して医師や薬剤師に相談してから併用するようにしましょう。

男性の不妊に良いツムラの漢方は?

男性の不妊には「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」という漢方が用いられます。

「補中益気湯」の服用により、精子濃度や運動率の改善が見られた、妊娠率が上がったなど様々な臨床データがあり、現時点でエビデンス(証拠)がもっとも信頼されている薬だといわれています。

男性不妊で精子の数値が悪い方は「気(エネルギー)」が足りないケースが多く、「気」を補う力を持つ「補中益気湯」を取り入れることで改善を図っていくようです。

性欲減退気味でやる気も体力も無く、精子の数値に問題がある人に向いているといわれていますが、これも体質によって合う・合わないがあるので服用前に必ず医師に相談しましょう。

まとめ

不妊治療として知られている漢方ですが、薬や注射ではどうにもならなかったのに効果があったという体験談も多いようです。

できるだけ自然な方法で妊娠したい人体質を改善しながら不妊治療をしていきたいという人は漢方も取り入れてみるといいかもしれませんね。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク