ベビ待ち

妊活中だけどお酒は飲んでも大丈夫かな?

そんな風に思っている人も多いと思います。

特にお酒好きだと妊活中のお酒事情は気になりますよね?

ここでは、お酒が妊娠に与える影響飲んでいい時期や量断り方旦那さんの飲酒の影響などをみていきましょう。

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク

お酒が妊娠に与える影響は?

ベビ待ち

お酒を飲みたいけど妊娠に悪影響を与えるのではないかと気になりますよね?

また、今までお酒を飲んでいたけど検査薬で計ったら陽性が出た!というケースもあり、胎児に及ぼす影響も気になりなります。

では、お酒が妊娠に与える影響とは一体何なのでしょうか?

妊娠の阻害

妊娠の鍵を握るのが女性ホルモン。

この女性ホルモンが正しく分泌・分解されないと妊娠しにくくなってしまいます。

女性ホルモンのエストロゲンは、卵胞(卵子を包んでいる袋)の成熟させ、頚管粘液(排卵時の粘液)を増やして精子が子宮に入りやすくする働きがあります。

また、プロゲステロンにも精子を招き入れやすくしたり、着床後に子宮内膜を健康に維持し早期流産を防いでくれたりします。

ただ、お酒を飲みすぎて肝機能が低下すると、肝機能で分解されるはずの女性ホルモンが上手く分解されず、妊娠に必要な本来の働きが弱まってしまう可能性があります。

また、女性ホルモンの分解が上手くできないと、脳内で女性ホルモンは足りていると判断して、新しい女性ホルモンを作るようにとの指示が出されなくなってしまいます。

この様に、お酒を飲みすぎると女性ホルモンが上手く分解・吸収されず、子宮の成熟や着床が阻害されてしまいます。

スポンサーリンク

胎児発達の阻害

厚生労働省の発表によると、妊娠に気付く前の飲酒は胎児の発育に影響し、大量に飲めば胎児性アルコール症候群や流産や死産などを招く危険性もあるそうです。

アルコールは母体からの血管と胎盤を通じて赤ちゃんへと渡ります。

赤ちゃんの体はとても小さくアルコールに対する免疫力もないので少量でも体への影響は大きいといわれています。

アルコールを摂取してしまった赤ちゃんはお腹にいる間酔っ払った状態になり、細胞や神経が死んでしまうこともあります。

そして、細胞や神経が死ぬと様々な器官の発達も遅くなってしまいます。

ただ、医学的に妊娠中のどの時期にどれくらいのアルコール量を摂取したら影響が出るのかは未だ分かっていません。

まだハッキリしたことは分かっていませんが、影響が出て後で更改しない為にも妊活を始めたらすぐにお酒を止めるようにしましょう。

妊活中のお酒の「適量」とは?

妊娠中のお酒や飲み過ぎが自分と赤ちゃんの負担になってしまうということは分かりましたが、どこまで適量なのでしょうか?

厚生労働省は適度な飲酒量について次のように定めています。

「通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、節度ある適度な飲酒は1日平均で純アルコール20g程度である。」

引用元:厚生労働省 e-ヘルスネット 飲酒のガイドライン

この数字は日本人や欧米人を対象とした疫学研究から導き出されたものです。

そして、この純アルコール20gをアルコールの数字でみると次の様になります。

・ビールまたは発泡酒:250ml(中瓶またはロング缶の半分に相当)

・日本酒:80ml(0.5合)

・焼酎:50ml

・7%のチュウハイ:180ml(コップ1杯程度または350ml缶半分)

・ウイスキー、ジン:30ml(シングル1杯分)

・ワイン :100ml(ワイングラス1杯弱程度)

女性の場合はこの量の1/2~2/3くらいにとどめておいたほうが良いという研究結果もあるようです。

また、スウェーデンの研究所で行われた実験ではアルコール量が増えるほど妊娠しづらくなり、30歳を超えると不妊症のリスクが3倍近くにもなるという結果も出ています。

上記の量をみて「少ないなぁ~」と感じた人はお酒の量がこの範囲で収まるように調節しましょう。

妊活中だけどお酒はいつまで飲めるの?

先ほどもお伝えした通り、お酒は女性ホルモンの分解・吸収を妨げてしまうので、早く妊娠をしたいと考えているのであればできるだけ早くストップした方が良いでしょう。

また、胎児への影響についても、厚生労働相や食品衛生委員会が「たとえ妊娠に気づく前であっても、いつでも影響を受ける可能性がある」と述べていることからも、万が一のことを考えて早めに止めるようにしましょう。

妊活中のお酒の断り方

妊活中であっても仕事の付き合いや飲み会でお酒をすすめられたり飲んだりする機会もありますよね?

そんな楽しい雰囲気の中でビシッと断るのは心苦しいもの。

今までお酒を飲まなかった人ならまだ断りやすいのですが、今まで普通に飲んでいた人がいきなり断るのはとっても難しいですよね?

ここでは(職場の仲間や友達には知られたくないけれど、お酒は上手に断りたい。。)

そんな時に使える「お酒の断り方」をご紹介します。

会社の仲間との飲み会

・「ちょっと今日は調子が悪いので。。」

・「最近、胃の調子が悪くて飲むと痛くなるんです」

・「頭が痛くて薬を飲んでるので、今日はソフトドリンクにしときます」

・「体調が悪くて病院行ったらお酒は控えるようにといわれちゃったんです」

・「さっき風邪薬飲んでしまったので、お酒は控えます」

・「飲み会が続いてて、ちょっと今日は休肝日ということで(笑)」

友達との飲み会

・「明日、健康診断があって飲めないの」

・「歯が痛くてさ。薬を飲んでから今日はノンアルにしとく」

・「こないだ会社の飲み会で飲んだら蕁麻疹が出てさ。。しばらく止めとくわ」

・「最近、お酒の飲むと顔が赤くなってさ。お酒が合わなくなってきたのかも」

・「明日早いから、今日は止めとくわ」

いかがでしょうか?

自分のキャラに合った言い方で色々使いまわしてみてくださいね☆

旦那さんのお酒が妊活動に与える影響は?

自分がお酒を飲むのと同じくらい気になるのが旦那さんの飲酒。

実は多量のアルコール摂取は精子の質を低下させるともいわれているので、最低でも週に2日はお酒をお休みする日を作るようにしましょう。

飲むときもビールならコップ2杯程度にとどめておきましょう。

まとめ

ここまで妊活中のお酒との付き合い方をみてきましたが、妊娠を本気で考えている場合はお酒は早い段階から控えた方が良さそうですね。

お酒を飲めない分、話を盛り上げたり、みんなの話の聞き役になって場に馴染むこともできるので飲み会の場を上手く切り抜けていきましょう☆

「妊娠力を上げたい!」「赤ちゃんを健康に育てたい!」という人は下記をクリック♡↓ ベビ待ち
スポンサーリンク